Pzlrjesrry31q65dh5lj

英語飯 USE - メールやチャットサービスでライティングを鍛える

実践ライティング(メールやチャット)で英語の読み書きでのコミュニケーションを攻略しよう

「ちゃんと基礎を鍛えなきゃ…」

こういうタイプの人、僕は好きです。

僕も基礎を大事にしたい派です。

「1日5分で〜」とか「聞き流すだけで〜」みたいな甘い文言が溢れているにも関わらず、コツコツと基礎を固めるような人、カッコイイと思います。

でも、ぶっちゃけると、基礎がある程度固まったら、使う方が良いです。

伸びが違います、本当に。

もちろん、実際に英語を使うのは怖いかもしれません。

「誰かにバカにされるかも…」という不安があるかもしれません。

でも、メールやチャットのやり取りの場で、安全地帯からあなたの英語を批評する人なんかいません。

或いは、「自分の考えが伝わらなかったらどうしよう」という不安があるかもしれません。

でも、その場面にいる自分を想像してみてください。

めちゃくちゃドキドキしながらも、自分の持っている英語力の全てを用いて、その場面を乗り切ろうとしているはずです。

そして、その山を乗り越えた先には、成長があります。

さて、今回のコースは、

英語でメールやチャットをすることが英語力アップをもたらす理由

英語メールと英語チャットの違い

英語メール、英語チャットのケーススタディ

などのコンテンツがあります。

実際に「英語を使う」ことで、テキストの中の勉強だけでは得られない学びを手にしていきませんか?


あなたのインストラクター


橋本直貴
橋本直貴

こんにちは、橋本です。国際教養大学で英語に挫折し中退、その後大阪大学に入り直しました。阪大では、認知心理学・言語学・文化人類学・現代思想などを学ぶ過程で挫折感を克服しました。今は「学んだ英語を使って、飯を食う」ことをConceptにした「英語飯」のメイン講師をしております。


今すぐはじめよう!