At6aaybzrfcfe0zqhbnd

英語飯 EARN

英語を日本人に教えることでしかお金を稼げないのは恥ずかしいことです。僕たちは英語を使ってスモールビジネスを作る方法教えます。

  コースを受講する

最初にお伝えします。あなたは英語でビジネスできます。何故なら、今あなたは「英語圏でビジネスできたら良いなあ」と思っているからです。あ、別に、「引き寄せの法則」だとか「思考は現実化する」だとかそういう話ではありません。そうではなくて、あなたの頭の中に「英語でビジネス」というアイディアが浮かぶ程度には、あなたは英語ができるからです。

ゆっくりと呼吸を整えてください。目をつぶってみてください。そして、小学生や中学生の時を思い返してください。小さい頃のあなたは「英語圏のマーケットでビジネスしたい」なんて思っていましたか?あの時は日本語圏でのビジネスが「普通」であり、英語圏でのマーケットでのビジネスなんて眼中にさえなかったのではないでしょうか?そうですよね・・・。でも、今は違います。あなたは多少なりとも英語学習に取り組んできたはずです。だからこそ、「いつかは」という枕詞を前に置きつつも「英語で稼ぐことができたら良いなぁ」と思っているわけです。そんな思いが湧いてくるくらい勉強しているのであれば十分です。中学英語はできますよね。なら、大丈夫です。ちゃんとやり取りできますから。

 

う〜ん、でも本当に中学英語で十分なの?失敗するのは嫌だよ…。だって、怖いもん。

十分です。以下の画像をご覧いただければわかると思います。(私がUpworkという世界最大級のクラウドソーシングサイトで仕事を受注した際に行ったクライアントとのSkypeチャットでのやり取りです。)

どうでしょうか?中学英語レベルですよね。とても簡単ですよね。それに、もし分からない点があってもGoogleで検索すればたいていのことは解決しますし。Google先生は本当にありがたいですね。もちろん、やり取りしている相手に質問するのもアリです。

  • Sorry?
  • Pardon?
  • Could you say it again?
  • Would you please say it again?
  • Please paraphrase it.

色々ありますが、どれも簡単な英文ですよね。中学校レベルの英語なはずです。実際、私もやり取りの中でよく分からないところがあった時には聞き返していました。


やっぱり、中学校レベルの英語で十分コミュニケーションができてますよね。

 

いや、中学英語さえも必要ないかも…?

「中学英語で十分」と繰り返してきましたが、グローバルに活躍している人に目をやると、実は中学英語さえも必要ないことが分かります。例えば、こちらの動画。ご覧いただければ一瞬でわかりますが、彼は英語を一言も発していません。


しかし、再生回数は300万回を超えています。一般にYoutubeの相場は、0.05円/1再生だと言われているので、彼はこの1本の動画で15万円を手にしていことが推測できます。お金は、その分だけの価値を生産したからこそ受け取ることができます。彼は15万円を受け取るに値する価値をこの世に生産したわけですね。もちろん、このYouTube動画は、彼と彼のお客さんとをつなぐ接点の1人に過ぎないので、実際には、もっと多くのマネタイズに成功しているかもしれません。

次にこちらをご覧ください。


こちらは、モンゴルの伝統音楽の動画です。ホーミー(喉笛)や馬頭琴の演奏が収録されています。国語の教科書に出てきた「スーホの白い馬」という物語に馬頭琴が出てきたのを思い出しました。馬頭琴って素晴らしい音色なんですね。こちらもYouTubeに投稿されているものの、全く英語は出てきません。唯一、英語が登場するのは、動画タイトルの部分です。Beautiful Mongolia Musicという部分です。これを見ると、中学英語のレベルに達している必要はないことがよくわかります。ちなみに、このモンゴルの楽器の動画を見に来るようなお客さんに対してであれば、モンゴルのツアーを紹介したり、或いは、馬頭琴の演奏レクチャーをオファーすれば、広告収入以外のマネタイズもできますね

 

「1.3億人のマーケット」と「17.5億人のマーケット」、あなたはどちらを選ぶ?

さて、ここまでは英語で情報発信している事例を通して認識の相対化を行ってもらいました。「英語ができないから英語圏でのビジネスは難しい」という凝り固まった認識ですね。ですので、ここまでの話を聞くと「英語で稼ぐ」=「英語で情報発信する」という捉え方をしてしまうかもしれません。でも、情報発信はあくまでも1つの手法に過ぎません。

確かに、英語で情報を発信することで、英語人口17.5億人にあなたが生み出す価値を届けることは素晴らしいことです。ですので、これを選択するのは全然「アリ」です。情報を発信して、集客・価値伝達・販売までの全てを自分で行えば、大きなリターンを得られるでしょう。でも、英語でマネタイズする方法はそれだけではありません。

まず、冒頭で紹介したようにクラウドソーシングサイトで仕事を受注することは可能ですよね。Upworkなどがありますよね。ちなみに、Upworkでは、冒頭のようなリサーチ業務だけでなく以下のような仕事を行うことができます。

  • Writing
  • プログラミング
  • サイト製作
  • 翻訳
  • 通訳
  • イラスト製作

など、様々な仕事を受注できます。もちろん、グローバルマーケットでそれが可能です。つまり、あなたの価値を世界市場で測ることができるわけです。逆に仕事をアウトソーシングして、あなたのビジネスを回すために必要な人的リソースを調達することなどもできますね。

また、日本の外だけでなく、日本の中に価値を提供することもできます。つまり、「英語でアウトプットするだけじゃなくて英語でインプットしてそれを日本で展開するのも良いじゃないか?」ということです。良かれ悪しかれあるにせよ、日本の人口は減少しています。ですので、マクロで見た時、日本のマーケットは縮小します。一方で、英語を使う人口は今後もどんどん増えていきます。ですので、英語圏のサービスはこれからも増加し続けるわけです。もちろん、ローカライズの可能性はあります。しかし、日本語へのローカライズの優先順位は下がっていきます。小さくなっていく日本語のマーケットと、拡大する中国語・ロシア語・スペイン語のマーケットであれば、そりゃあ後者に最適化する方が「コスパ」が高いですからね。だからこそ、英語でインプットした情報を日本でアウトプットすることは意義があります。潜在的なニーズがあります。したがって、ビジネスになりえます。

この他にも、Airbnbのホストになる方法もありますね。この場合にも、英語を使えば17.5億人にアプローチできるのに対し、日本語しか使わないのであれば、1.3億人にしかアプローチできません。そして、英語ユーザーの人口が増加する一方で、日本語ユーザーはどんどん減少していきます。当然ながら英語ユーザーにアプローチできる方が、ビジネスのポテンシャルは大きいです。Uberもそうですね。日本語でも英語でも対応するドライバーと日本語でしか対応しないドライバーであれば、当然、英語で対応するドライバーの方が潜在的にリーチできるお客さんの数は多いです。

 

格差はどんどん拡大する。

ここで、1つ付け加えておきたいことがあります。それは、チャレンジする人としない人との間では、どんどん差が開いていくということです。チャレンジする回数が増えれば増えるほど、生のフィードバックが帰ってきて、どんどん修正点を改善するチャンスが得られ、修正点を改善しレベルアップすればするほど、自分のできることが増えていくからです。ですから、何もしていない人との差はどんどん開いていきます。

もちろんチャレンジする際には、たくさん傷つくかもしれません。「うわ、こいつの英語ヘタw」とバカにされるかもしれません。正直、怖いですよね。ただでさえ、テスト式英語学習で間違いにビクビクしているのに、心ない言葉を浴びせられるのは、とても怖いでしょう。でも、その恐怖が参入障壁になります。「差」になります。その「差」は少しずつ大きくなっていきます。当然ながら、拡大する「差」は英語力だけではありません。アクセスできる情報の「量」「質」のどちらにおいても「差」が大きくなります。

 

あなたを世界が待っている。勇気を出してチャレンジしよう。

世界的ベストセラーの『ワーク・シフト(The shift)』の中でリンダ・グラットンは、マイクロアントレプレナーが活躍する社会が目の前に来ていることを示唆しています。

  • インフルエンサー(Youtuber・Instagramer・snapchatters・etc...)
  • Uberのドライバー
  • Airbnbのホスト
  • クラウドファンディングでの資金調達
  • EdTechプラットフォームを活用した講師業

などの存在は既に多くの人が知っていますよね。これからの時代は、一人ひとりがマイクロアントレプレナー=小さな起業家として、CAN(才能)MUST(使命)WILL(意志)のそれぞれの集合が重なり合う部分で活躍します。

でも、もしかしたら、あなたのCAN(才能)は1.3億人には無視されるかもしれません。冷ややかな目で見られるかもしれません。嘲笑されるかもしれません。怖いですよね。ビクビクしますよね。ドクドクドクドクと、心臓の鼓動が早くなるかもしれません。でも、想像してみてください、英語を使う17.5億人の顔を。鼻が高いヨーロッパ系の人の顔を、浅黒く大きな目がクールなアジア系の顔を、太陽のような笑顔のラテン系の顔を。17.5億人の内の誰かは、あなたのCAN(才能)を必要としている人がいるかもしれません。もしそうなら、あなたのCAN(才能)はMUST(使命)と重なります。あなたは彼らに価値を提供する使命が生まれます。ノブレス・オブリージュを果たす必要があります。

さあ、後はWILL(意志)だけです。やってみたくはないですか?ワクワクしませんか?さあ、勇気を出して一歩を踏み出してみましょう。大丈夫です。あなたならやれます。きっと楽しいはずです。

 

The most important thing is to enjoy your life – to be happy – it’s all that matters.

-Audrey Hepburn (オードリー・ヘップバーン)

(何よりも大切なことは、自分の人生を楽しむこと。ハッピーでいること、大事なのはそれだけ。)

今すぐはじめよう!



 

このコースであなたが学べる内容

このコースの成果は一つです。実際に「お金を稼ぐ」ことです。まずは年収200万円アップ(売上200万円アップ)を目標にビジネスを構築していきます。成果がマネタイズですから、正直に白状すると、英語のスキルを上達させるようなコースやレクチャーは一切含まれていません。だから語彙力が増強されるわけでもないし、発音がよくなるわけでもないし、英語をペラペラと喋れるようになるわけでもない。事業を構築する過程で、あなたが中学校や高校の時に費やしてきた時間を遥かに凌駕する学習量が発生します。いちいち僕たちから英語の知識に関するレクチャーを受けなくとも、自然と実践の中で英語脳ができあがってゆきます。ビジネスの現場であなたの英語力が鍛えられてゆくので、本来の意味で語彙を増やすことになるし、本来の意味で発音が磨かれてゆくし、本来の意味で英語を話せるようになるのです。おわかりいただけるでしょうか?さて、あなたの学べる内容をまとめてみました。

  • 自然体で使えるように単語を吸収してゆきます
  • 瞬時にイメージや光景が浮かぶ脳を作ります
  • 必要な音声情報を確実に認識できる耳を作ります
  • 勉強ではなく気軽に触れる英語環境を構築します
  • 英語から日本語訳に脳が変換する作業を遮断します
  • 英語力がなくても英語力があるように思われてしまう状態を作ります
  • こんな簡単な英語でここまで喋れてしまうのかという手の抜き方がわかります
  • 英語を学ぶだけではなくビジネスヒントが溢れだします
  • 小資本、小労働力、しかも社長なしで回るビジネスモデルを作ります
  • 英語で会話を続ける驚くほど簡単なパターンを学びます
  • 専門トピックのビジネスシーンで使用する単語ばかりを学びます
  • 英語のまま内容を理解する方法を学びます
  • 英語でビジネス知識をつける方法を学びます
  • YouTubeで海外向けの動画を作り広告収入を得ることができます
  • MailChimpで見込み客と関係を築く方法を学べます
  • オンラインスクールの構築方法を学べます
  • あなたの知識やスキルをWebコースにする方法を学べます
  • 見込み客を魅了するクールなデザインのeBook制作方法を学びます

ここにあげた内容は、あなたが学べる内容のごく一部です。実際にコースカリキュラムをみて、どんなことが学べるか確認してください。無料プレビュー機能を使って、どんな感じでコースが進行してゆくのかもしっかりとチェックしておいてください。またこのバンドル・コースには複数のコースが含まれているので、身につけるスキルや知識や1つや2つどころではありません。英語圏のマーケットで戦う(戦い続ける)ために必要なビジネススキルと英語スキルが網羅的に身につきます。コースカリキュラムの下には一緒に含まれているコースが並んでいます。そちらも確認して、あなたに必要なスキルが含まれているかチェックしてください。

クラスのカリキュラム


  石崎から橋本へ質問
利用可能
日 あなたが登録した後

こちらのコースも含まれています



Thinkificの使い方:オンラインスクールを構築しコースを販売する方法
オンラインスクール運営(Thinkfic)の完全ガイドです。マーケットプレイスに頼らず自分1人ででオンラインコースを制作し販売する方法を学びましょう。
石崎力也
¥12,000
MailChimpでステップメールを運用する方法(メールチンプ入門)
メールチンプ(MailChimp)を始めてみたいけど何から始めればいいかわからないという方のために本コースを作りました。どうやってリストを作るのか、どうやってオートメーション(ステップメール機能)を作るかなど実践的な内容を具体的に解説。
石崎力也
¥15,000
[Mac] Pagesでクールなデザインの無料eBookを作る方法
このコースはマックユーザーを対象にしています。Pagesを使って書類作成以上のこと、具体的にeBookやニュースレターを作りたい人のために本教材を作ります。実際に講師がデモンストレーションしながら(視覚的&聴覚的)レクチャーを進行します。
石崎力也
¥15,000

通常の受講価格: ¥42,000


 

30日間の返金保証

このコースには30日間の返金保証がついています。だからあなたにリスクはありません。30日以内にあなたのスコアが上がっても、上がらなくても、コースの内容を気に入らないようであれば、全額返金いたします。返金を申請した場合であっても、受け取った特典を返す必要はありません。弊社商品に興味を持っていただいたお礼ですので、そのままあなたの英語学習にお役立てください。

連絡先

今すぐはじめよう!



 

ボーナス特典その1

語源で覚える英単語記憶術

 

ボーナス特典その2

短期間でマスターするTOEICパート5&6文法講座

 

ボーナス特典その3

2週間でTOEIC200点アップの裏技!黄金のパラフレーズ講座

 

ボーナス特典その4

90日間のメールサポート

 

ボーナス特典その5

90日間のビジネス・コンサルティング

インストラクターがあなたのビジネスモデルに対してアドバイスさせていただきます。ボーナス特典その4で利用するメーリングリストを使って、あなたの作ったコンテンツやあなたの作ろうとしている事業について質問をしてください。2営業日以内にメーリングリストを通じて返信させていただきます。

EARN料金表

今すぐはじめよう!



あなたのインストラクター


橋本直貴
橋本直貴

こんにちは、橋本です。国際教養大学で英語に挫折し中退、その後大阪大学に入り直し、認知心理学・言語学・人類学などを学ぶ過程で挫折感を克服。今は「学んだ英語を使って、飯を食う」ことをConceptにした「英語飯」のメイン講師をしております。


共同インストラクター:石崎力也

We established this company called Haamalu LLC in Tokyo (registered in 2013). Luckily, Online Advertisement Department hit the market and eventually we don't need to think about money anymore at all.Depending on our mood, we change places to live in every 3 months and subjectsto study. No Alarm, No Boss, No worry. This simple life is really awesome. Let us share these idea with you.

2013年4月に西麻布/六本木で会社(登記名:Haamalu合同会社)を立ち上げました。運良く、同年11月にメディア事業/広告事業が軌道に乗り始め、ありがたいことにお金の心配を一切しなくてよくなりました。それ以降は奥さんと一緒に毎月住む場所(国、地域)を変えながら旅を続けています。過去15ヶ月の間に住んだ場所:ネブラスカ、ニューヨーク、シカゴ、サウスカロライナ、モントリオール、バンクーバー、トロント、パタヤ、バリ島、ギリ島、宜野湾、阿波池田、大歩危、彦根(いずれも30日ずつ)。

今すぐはじめよう!