英語飯(体験版)

英語を日本人に教えることでしかお金を稼げないのは恥ずかしいことです。僕たちは英語を使ってスモールビジネスを作る方法教えます。

「英語を使おう」


これは、僕達が「英語飯」の中で繰り返している主張です。


何故か?

それは、ヒトを含む生物が不要なものを背負わないという性質があるからです。


・・・。


嘘です。

適当に言いました。

ごめんなさい。


でも、なんとなくでも「必要ないスキルはコロっと忘れちゃう感覚」って分かりますよね?

(あの有名なチャールズ・ダーウィンも、進化論の中で「適応」という考え方を唱えていたことを考えると、時間・空間を超えて、たくさんの人が抱いている感覚なのでしょう。)


さて、僕らはダーウィンではありません。

でも、僕らは「マネタイズしたい→英語が必要になる→なんとかマネタイズに成功→英語が定着する」という経験をしてきました。


大事なので、繰り返します。

「マネタイズしたい→英語が必要になる→なんとかマネタイズに成功→英語が定着する」という経験をしてきました。

(中学校の英語の先生って、英語の知識を教えてくれるけど、英語でマネタイズする方法は教えてくれませんよね。まあ、公務員は副業ダメなので、マネタイズを経験してないのは当たり前ですかね。)


英語飯(体験版)では、僕たちの英語学習のエッセンスを濃縮してお届けしています。


あ、ただ、予め断言しておくと、

  • なんとなくTOEIC990を目指している人
  • 英検1級と取って自慢したい人

には役に立ちません。


ごめんなさい。


でも、「使う」にフォーカスした英語力にちょっとでも心が動かされる人には、オススメです。

(実際のマネタイズ例もお伝えしているので、行動力がある人はすぐに真似できるかも…?)


勉強した気になっていただけの英語学習との決別を考えているなら、ぜひ英語飯(体験版)を見てみては?(体験版は、無料ですし。)


あなたのインストラクター


橋本直貴
橋本直貴

18歳の春。僕は、意気揚々とAIUに入学しました。「英語で授業を行うなんて、なんて先進的なんだろう!」「オレみたいなすげぇヤツにピッタリだぜ!」

こんな思いを抱いて入学しました。でも、僕はそこで挫折を経験しました。帰国子女。留学経験者。海外にルーツを持つ人。彼らと比べると僕の英語力なんて「ゴミ」みたいなものでした。

ペラペラと流暢に話す彼らの英語に強いコンプレックスを抱きました。そして、自信過剰で、とっても脆い18歳の僕は、当時の自分自身の現状を認められず逃げ出しました。

文字通り、逃げ出しました。再受験をして他の大学に入学し直しました。しかし、どうしても自分の「負け」を取り戻したいと思い、考えを重ねました。

「帰国子女の彼らにデキなくて、僕にデキることって何だろう?」それが、「海外経験のない=大多数の」日本人の言語習得のプロセスを理解し、体現化するということでした。

この目標に向かって、たくさんの本を読みました。大学の図書館で言語学や心理学の学術書を積み重ね、「ウ~ン、ウ~ン」と唸りながら読みました。

そして、理論を踏まえた上で実践を重ねました。何度もトライアル&エラーを繰り返しました。

さて、僕は、初回受験でTOEIC800を超えました。

そして、英語で挫折した人間が、今は曲がりなりにも英語を教えています。僕は、大多数の日本人が歩むような道を歩んできました。そして、英語にコンプレックスを抱きました。

でも、そんな僕は今は言語を学ぶことに楽しさを感じています。あなたも偉大なる先人の残してきた知識を学び、言語習得術を得ることで楽しみながら英語を勉強してみませんか?



よくある質問


こちらのコース「英語飯」はどのような人にオススメですか?
「英語を使えるようになりたい!」だとか「英語のスキルをマネタイズに直結させたい!」という思いがある人にオススメです。「使う」にフォーカスしているので、「あ、こうやって実践の場で使っていくのか!」と知っていただければと思います。(そして、その過程でチャリーンとお金を発生させることもできます。)
こちらのコース「英語飯」はどのような人にはオススメではないですか?
TOEIC満点、IELTS8,5、TOEFLiBT110など、いわゆる資格試験でのハイスコアが目標の人にはオススメできません。私たちはあくまで「使う」にフォーカスしています。ですので、「証明書」をコレクトしたい人にとっては合わないと思います。
「稼げる」ってどのくらい稼げるの?
講師の橋本は、1ヶ月4000$(だいたい40万円くらい)のオファーを受けたことがあります(※忙しい時期だったのでいただいたオファーはお断りしました)。また、「英語飯」の中でも触れているように、1件100$程度の案件の仕事をしたこともあります。このどちらも実体験ですので、これらは一つの目安となるのではないでしょうか?

今すぐはじめよう!